トイレトレーニングのポイント

トイレトレーニングは子供の自立への第一歩です。トイレでおしっこが出来るようになるだけで、自信がついてきます。トイレトレーニングの時期は千差万別で、その子のペースに合わせて行うことが大切です。トイレトレーニングを始める前に、ポイントを押さえておくとうまくいきやすくと言われています。
トイレトレーニングのポイントは、始めるタイミングを見極めることです。年齢だけを対象にして行っても、体の発育が遅い場合もあります。いきなりパンツをはかせても出来るようになるわけではありません。
トイレトレーニングは子供の様子をしっかり観察し、ある程度の段階を踏んで進むことが大切です。トイレトレーニングを始めるポイントとして、「自分で歩くことが出来ること」「おしっこの間隔が2〜3時間程度あいていること」「言葉や身ぶりで気持ちが伝えられること」の三つが大きなポイントとなります。
この三つのポイントをクリアしていれば、トイレトレーニングを開始しても良い頃だと言われています。
トイレトレーニングではトイレに興味を持たせることから始めるといいでしょう。トイレは楽しいところ、トイレに行きたいを思わせるような工夫も大事です。トイレに子供の好きなおもちゃを置いたりポスターを張ったりして、トイレはおしっこをするところをいうイメージを持たせるようにするといいでしょう。

トイレトレーニングの時期

トイレトレーニングを始める時期についての意見はさまざまあります。2歳前にオムツがはずれる子もいれば、3歳になってもまだオムツははずれない子もいます。同じくらいの子とどうしても比べてしまったり、ママ友同士でも話題の多いトイレトレーニングですが、トイレトレーニングには決まった年齢はありません。
子供の体の成長に合わせて行うことが大切です。一般的に2歳を過ぎると膀胱におしっこを溜められるようになるので、始めるのがいいと言われていますが、他にも気をつけたい条件があります。
トイレトレーニングを始める時期を見極めるには、大人の言葉の意味が理解出来ていることと、それに対して言葉や身振りで受け答えできることが大切です。またおしっこの間隔が2〜3時間くらい間隔があいていることが条件になります。
2歳を過ぎたからといっても成長や発達の度合は個人差があります。膀胱におしっこをためる量やおしっこの間隔にも差があるので、子供の様子をじっくり観察しながら生活リズムに合わせてチェックしてみましょう。
トイレトレーニングを行うには、夏場がいいと言われていますが、今は冬でも暖房で暖かいのであまり季節は気にせずに、あくまで子供の成長や発達の度合で決めることが一番に考えていい時期を見つけましょう。

トイレトレーニングの悩み

トイレトレーニングを始めてみたものの、なかなかうまくいかずに悩んでしまうママもたくさんいます。トイレトレーニングについてたくさんの情報を見たり聞いたりしていても、いざ実践してみると、思い通りにはいきません。
また順調に進んでいたトイレトレーニングがある日突然うまくいかなくなったという事もよくあります。トイレトレーニングはママと子供にとって最初の試練かも知れません。
トイレトレーニングの悩みでよく挙げられるのは、子供がおしっこを教えてくれないことです。おしっこが出る前ではなく出てしまってから教えたり、出ても教えてくれなかったり思うようにいきません。またトイレに行くけれども、トイレットペーパーなどで遊んでしまっておしっこをしないなど、悩みはつきません。
トイレトレーニングの悩みに挙げられるのは、子供の行動だけではなく、身内の声がプレッシャーになりストレスになることもあります。例えばお姑さんや自分の母親などの育児経験者から、オムツはずれの事を言われて気持ちだけ焦って失敗してしまったり、子供に強く当たってしまったり、ストレスが多くなってしまいます。
トイレトレーニングは、一人一人個性があるように、一人一人タイミングが違います。経験者の方の声は参考として聞きながら、子供のペースでゆっくり行うことが大切です。

トイレトレーニング